適応症状・疾患例

目安としてご案内いたします

◆脳梗塞やクモ膜下出血などの脳血管障害の後に出た、片マヒや手足が固く動きが悪い・拘縮などの症状の緩和

 

◆事故などで起きた脊髄損傷後遺症による手足の運動機能障害やマヒのマッサージ

 

◆パーキンソン病などによる、筋肉の緊張や震えなどの筋肉への治療

 

◆廃用性症候群といわれる、ケガや長期入院などの寝たきりの状態、車椅子、歩行困難などによる筋力低下やそれに関連する関節の痛みや動きの改善

 

◆変形性膝関節症、脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折後後遺症などの痛みの緩和と関節の動きを作る運動療法を使い、手足や体幹の筋力低下や関節の動きが悪くなる拘縮などの予防と改善

 

◆便秘、高血圧症、糖尿病、冷え、むくみなどの運動することが減ったことにより起こる可能性のある症状や、病気に伴う症状の改善

◆鍼灸の効果について詳しくは下記の鍼灸医療推進機構の動画をご覧ください